患者さんから頂いた質問~その2~

診察に来られた患者さんとのやり取りの中で、ご質問を受けた内容について、書かせて頂きます。

 

Q. バルーン治療は他施設でも行っていると思いますが、何が違うのですか?

A. バルーン治療自体は国内においても新しい治療ということはなく、いくつかの施設が提供しています(同じく自費診療)。既存のバルーン治療の問題点と、このたび当院で導入したSpatz3調節性バルーンの利点は以下の通りです。

 

<既存のバルーン治療の問題点>

①バルーンの耐久性の点から、留置期間は最長6ヶ月である(すなわち、留置後6ヶ月で抜去する必要がある)。

②一度、バルーンの容量を決めてしまうと、その後は容量を調節する(増やしたり、減らしたりする)ことが出来ない(非調節性である)。

 

<Spatz3調節性バルーン治療の利点>

バルーンの容量を調節することが出来る

バルーン留置後、最初の数日間は、吐き気や腹部不快感が出現することがあります。その際には、点滴や吐き気止めの薬を投与するなどして対応しますが、それでも症状の緩和が得られない場合には、バルーンの容量を一時的に減らすことにより、症状の緩和をはかり、バルーンを抜去する(=治療を中止する)ことなく、治療が継続出来るようにします。また、留置後、一定期間が経過し、体重減少が滞った場合には、逆に、バルーン容量を増やすことで、さらなる減量効果が期待出来ます。

 

留置期間が12ヶ月である

現時点において、永久的に胃内に留置可能なバルーンシステムは存在しません。しかしながら、耐久性が向上したことによりSpatz3は最大12ヶ月間の留置が可能となっています(12ヶ月間留置する、ということについて、欧州CE マークの承認が得られています)。治療期間を長く取れることは、その分、より高い減量効果が期待出来る、という点でメリットがあります。

 

ちなみに、僕は経過中に一度、バルーン容量を調節(100ml追加)しました。調節もやはり内視鏡(胃カメラ)を用いて行うのですが、初回留置時とは異なり、吐き気などは生じず、麻酔が覚め次第、その日に帰宅することが出来ました。

SNSでもご購読できます。