術後1年目~血液検査、体重測定~

早いもので、バルーン治療を受けてから約1年が経過しました。前回の体験記は術後1ヶ月目でしたが、その後、現在に至るまで問題なく、順調に経過しました。

 

体重:73.5kg(術前:80.4kg)

BMI:24.5(術前:27.0)

体脂肪率:23.2%(術前:28.5%)

首囲:37.5cm(術前:40㎝)

胴囲:86cm(術前:100㎝)

尻囲:94.5cm(術前:105㎝)

 

血液検査所見:肝機能、脂質異常(中性脂肪)は引き続き、正常範囲内

 

インボディ(身体組成)検査:体脂肪率が低下し、筋肉量が増加している

インボディ(術後1y、ブログ用画像)

 

腹部CT検査:

脂肪肝は著明に改善している

内臓脂肪面積 82cm2(術前:157cm2

術後1yCT(ブログ用画像)

(注)術前CTで認められた高度の脂肪肝は著明に改善しています(肝臓(黄色矢印)の色調が正常に近づいている)。胃内にはバルーン(だいだい色の点線部分)が認められます。内臓脂肪面積は82cm2で術前の約半分に減少しています。

 

 

術後1年で腹回りも随分、ほっそりしました。

関、術後1年目photo

 

術前、デブ写真、サーフィン

バルーン治療前はコレ(↑)でしたので、本当に変わりました!

 

僕にとっては、バルーン治療を受ける最大の目的であった脂肪肝が大幅に改善し、体重の約10%の減量をほぼ苦痛を伴うことなく(最初の数日間の嘔気は参りましたが、喉元過ぎれば何とか・・・で今となってはそんなこともあったなぁ、という感じです)達成することが出来たわけですから、治療を受けて本当に良かったなぁ、と思っています。今後、近いうちにバルーンを抜去しますが、抜去後にリバウンドしてしまわないように、この1年間で身につけた食事・運動習慣を続けていきたいと思っています。当院のHPを見て、あるいは、僕の治療体験記を読んで、バルーン治療を受けてみたい、あるいは、興味がある、という方がいらっしゃいましたら、どうぞ外来にお越し下さい。何と言っても経験者ですので、大抵のことは正しくお伝え出来ると思いますよ。

SNSでもご購読できます。