バルーン抜去後1年2ヶ月

胃内バルーン治療に限らず、あらゆるダイエット(減量)についてまわる問題は体重再増加(リバウンド)です。

僕の場合、1年間のバルーン留置を終えて、抜去してから約1年2ヶ月経過するのですが、体重は73kg前後をいったりきたり、という感じです。

抜去した時の体重が73.5kg、その後、71kg位まで落ちましたので、一番落ちた時からは約2kgリバウンドしたことになりますし、抜去した時の体重は維持していることになります。

患者さんからは抜去してからリバウンドしない様にするためにはどうすれば良いのでしょうか?というご質問をよく受けます。それに対しては、自分の経験を元に、以下の様にお答えしています。

①毎日体重を測る

現状を客観評価することは、とても大切です。多くの患者さんを外来で診ていますが、体重計から疎遠になる(=現実から目を背ける)ほど、体重再増加している患者さんが多い様に思います。僕は朝起きてトイレを済ませたらすぐに体重を測ることにしています(このタイミングが最も体重が落ちているので…少しでも低い方が気分が良いですから!)。前日に食べ過ぎてしまうと、見事に翌朝に反映されますし(涙)、それを目の当たりにすると、今日は控えめにしよう!という、自分なりのモチベーションになります。

②バルーンが入っていた時の生活スタイルを維持する

”体重を落とす”ということは、体に入ってくるエネルギー(IN)を消費されるエネルギー(OUT)よりも少なくするということですし、”体重を維持する”ということは、両者(INとOUT)を同じにする、ということですので、前者より後者の方がまだ負荷は少ない、と言えます。

世の中には数多のダイエットの方法論がありますが、僕が思うに、胃内バルーン治療の良いところは、”体に与える負担が少ない”ことだと思っています。「逆でしょ?」と思う方もおられると思うのですが、確かにバルーン留置直後は、かなり強い吐き気が出ます(そのことは間違いなく”負担”です)が、数日経過すると何事もなかったかの様に吐き気は消失します。出川さんのテレビでスタジオに出演されていたAPさんは、確か留置後5日目でしたが、意外にケロッとされていた様に思われませんでしたか?彼の経過はバルーン治療の典型的な術後経過だと思います。

吐き気がなくなった後は、(個人差はあるものの)胃の中に何かが入っている(痛いなどではなく…まあ、実際に入っているのですが(笑))、空腹感をそれほど感じない、少量の食事でお腹が張ってくる、といった感覚になります。そしてこうした感覚は、僕自身の経験からは、苦痛と感じられるものではありませんでした。

バルーンが入っている間は、食事量を(留置前と比較して)少なくキープするのは比較的容易(この部分にも個人差はやはりありますが…)なのですが、その生活スタイルを1年も続けるわけですので、有り体に言えば、”胃が小さくなった”ということになるのかも分かりませんが、それを自分にとっての”日常”にしてしまえればしめたものです。

僕の場合は、朝食はプロテインシェイク、昼はサラダと鶏むね肉(要するにコンビニのサラダチキン)、夜は白米は食べ過ぎない様に気をつけていますが、あまり気にせず食べています。あとは、駅などでは出来るだけエスカレーターを使わない様にしているのと、実際、忙しくてなかなか行けませんが、時々、ジムで筋トレをしています。この程度ですと、体重を減らすことはなかなか叶いませんが(代謝も落ちてきた様に思いますし(苦笑))、リバウンドしない様に体重を維持する、ということに関しては、大きな苦痛や我慢を伴うことなく出来ています。長々と書いてしまいました(夜中はどうしても長くなりますね(苦笑))が、少しでも参考になれば、と思います。

SNSでもご購読できます。